オフライン認証

オフラインを前提とした決済の認証システムについて。通常はオンラインが主流ですが、オフラインの場合もあります。現在は殆ど見かけませんが万一に備えてセキュリティの面からも理解しておくと良いでしょう。

オフライン認証の意味

オフライン認証とは、クレジットカードでショッピングする際に、レジなどに設置してあるPOS端末やカードリーダから、その先の通信回線に接続することなく、その場でクレジットカードが利用できる機能やその仕組みのことです。

オフライン認証の対象となるクレジットカードはIC型クレジットカードのみで、IC型クレジットカードを使用する際、カードリーダ(またはPOS端末)はクレジットカードが偽造されたものではなく正当なものであるか否かを判断し、逆にクレジットカード側はカードリーダ(またはPOS端末)が偽造・改造されたものではなく正当なものであることを相互に判断し合う機能を持っています。

電子マネーやデビットカードとは違う

コンビニや駅の自動販売機などでよく見かける電子マネーやデビットカードによる決済と勘違いするケースがありますが、全く別です。見た目は似ているかもしれませんが、お金の流れもデータの流れも全く違う処理になりますのでご注意ください。

IC型クレジットカードとは?

オフライン認証で利用されるIC型クレジットカードとは、カードの記憶媒体にICチップを埋め込んだクレジットカードのことで、接触型と非接触型の2種類があります。詳細はIC型クレジットカードを参照してください。

カードリーダ、POS端末とは?

カードリーダとは、ショッピングやキャッシングなどで、クレジットカードを使用する際、クレジットカードに埋め込まれた情報を読み込む部分の機器(またはパーツ)のことで、POSレジとは顧客へ商品やサービスを販売する時点で、顧客のデータを取得する仕組(システム)を搭載したレジのことです。

まとめると、通常の金銭によるショッピングの収支のほか、クレジットカードからデータを読み込むカードリーダ部分も付属させ、端末としての機能を付属させたものをPOS端末または総称でPOSレジといいます。

オフライン認証の注意点

電子マネーのセキュリティ関連も重要な話ですが、この記事の趣旨から外れますので、また別の機会に書きますね。ここではシステム上の話ではなく、クレジットカードを使って買い物をする際、オフライン認証の注意点について私の考えを書きます。

オフライン、オンライン認証ともに、カードリーダ、POS端末の基本的な仕組みは同じですが、認証する方法(カード決済を許可する仕組み)が違うだけです。しかしながら、オフライン認証は限られたケースのみで、一般的にはオンライン認証が普通です。信用できる場所以外でクレジットカードのオフライン認証をすることは避けたほうが良いと私は思っています。特に海外旅行などで、自分の知らない場所でクレジットカードを使う際には、十分注意をし、例えばクレジットカードを使わずに現金で支払うなどの防御策をとっておきましょう。

関連記事

インターチェンジフィ - インターチェンジフィとは手数料のこと。イシュア、アクワイアラ、オンアス取引と共に理解することをお勧めします。クレジットカード利用者の手数料ではないことに注意してください。

オンラインネットワークシステム - クレジットカードシステムでは通常、インターネットではなく専用線を使います。VISAネット、バンクネット、GPネット、JNS、JCN、CAFISなどオンラインネットワークシステムの基礎知識について。

クレジットのオンラインリアルタイム処理とバッチ処理 - オンラインリアルタイム処理とバッチ処理はデータ処理を大きく2つに分けた基礎知識になります。コンピュータシステムの仕組みを踏まえながら、これら2つの情報処理を理解していきましょう。

生カード、エンコード、エンボス処理、ホログラム - クレジットカードの製造過程に近い話になりますが生カード、エンコード、エンボス処理、ホログラムについて。クレジット決済、仕組み、ビジネス金融を理解する上でも必要な知識になります。

磁気(マグネット)ストライブ型クレジットカード - 磁気(マグネット)ストライブ型クレジットカードの機能説明、クレジット決済やショッピングする上での注意点について。IC型クレジットカードが普及していますが、現時点ではまだまだ利用されているシステムです。

オーソリゼーション(与信照会)と信用照会端末 - オーソリゼーション(与信照会)と信用照会端末はクレジットシステムと決済を理解する必須知識です。セキュリティ上、すべてを明らかにはできませんが、簡単に基礎知識を理解しておきましょう。

生体認証(バイオメトリクス) - 指紋、眼(虹彩)、声(声紋)、顔による生体認証(バイオメトリクス)は日々システムが進化しています。今後の金融系のシステムでは必須技術あり、金融系ビジネスを中心にさまざまな形態で普及していくことでしょう。

CVV2とCVC2 - カード背面にあるセキュリティコード(VISAのCVV2、Master CardのCVC2)の動向やクレジット決済の注意点を書きます。またセキュリティコードと間違えやすいパスワードについても補足します。

IC型クレジットカード - 従来のクレジットカード同様にショッピングだけでなく、キャッシングやローンとしても使うことができます。IC型クレジットカードと従来の磁気ストライブ型クレジットカードとの違い、利点、種類と特徴について書きます。

カードレスカード(バーチャルカード) - カードレスカード(バーチャルカード)とは?カード発行会社側、カードを利用する側のメリットとデメリットとは?カードを持つ必要性はあるか?スマホやガラケーなどモバイル端末で利用する意味ではないことに注意。

分類

システムの仕組み

ショッピング、ローン、キャッシングをクレジットカードで利用する際にバックボーンとなるコンピュータシステムと仕組みについて解説。クレジットカード業界の就職、転職する基本知識としても重要です。

会社の業務

クレジットカード業界の専門用語の他、カード会社の業務に関する一般的な金融用語、社内の部門組織、クレジットカード関連の資格等について記載しています。就職、転職する場合の基礎知識としてもご利用ください。

会社のサービス

クレジットカードの発行からショッピング、ローン、キャッシング、保険に至るまで、クレジットカード利用とサービスについて解説。クレジットカード業界へ出向する場合や就職、転職する基本知識としても重要です。

発行会社と組織

クレジットカード発行会社系列と法人組織、団体について記述しています。クレジットカード・金融業界や外資系企業などで働く場合はもとより、就職・転職する場合も業界全体像を掴む上で基本的な知識になります。

種類と機能

クレジットカードの機能、サービス、特典などについて。その他クレジットカードと類似したカードについても解説します。カードの種類は会社ごとに相違がありますが、同じ会社発行でも相違があります。

注目記事

クレジットカードの支払いができないとき

プロフィール

渋沢

  • 職場:金融、クレジットカード関係
  • 職種:システムエンジニア

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加