クレジットカードの支払いができないとき

逃げても避けても解決の糸口は見つからない。たとえ期日までに支払いができなくても、失ってはならない大切なことは信頼関係。クレジットカードの支払いができなくなったときの対処方法について。

対処のパターン

クレジットカードの支払いができなったとき、実施することは主に下記の3つです。

  • 毎月の支払金額を下げてみる。
  • 支払い期日を延長する。
  • クレジットカード会社へ相談をする。

支払いができなくなったら、即、取立てが怖いとか、自己破産などの債務整理とか、極端深刻に考えるのではなく、まず冷静にひとつひとつ対処していきましょう。

以下、もう少し詳しく書きます。

払えなくても信用は失わないこと

たとえお金が払えなかったとしても、信用を失う行為は絶対にしないということが重要です。支払期日が過ぎても支払わずにそのまま黙っていることは絶対にやってなりません。支払日から数日後にはクレジットカード会社から連絡が来ると思いますが、その時まで黙っていることも同じです。

支払可能か否か、またはお金を支払う意思があるか否かに関わらず、信用を失えば失うほど、大きな代償として自分自身に跳ね返ります。返済するお金が払えないことは支払い日以前に分かっているはずなので、支払い日以前にクレジットカード会社のホームページで所定の手続きをするか、またはクレジットカード会社へ電話連絡することです。

支払日まで1週間~10日以上ある場合

支払う金額を下げるには、例えば、一括払い(一回払い)を分割やリボ払いへ変更します。また月ごとの支払い金額を自由に設定できるサービスもあります。もちろん支払い回数が増えますので、その分利息が掛かりますが、支払えずに信用を失うよりもマシです。また支払い金額を変えずに支払日を後に延ばす方法としてボーナス一括払いなどがあります。

参照:クレジットカードの支払いと返済方法

これらはすべて電話連絡でなくとも、クレジットカード会社のホームページで変更可能ですが、何らかの特別な事情がある場合は電話連絡をして支払いについて相談することをオススメします。

支払日まで1週間~当日の場合

クレジットカード会社や時期によって異なりますが、1週間前、5日前であってもクレジットカード会社のホームページで変更可能なケースがあります。ここではクレジットカード会社のホームページで変更できな場合、および何らかの特別な事情がある場合について書きます。

クレジットカード会社に事前連絡をすることに抵抗があるかもしれませんが、基本的にどんなクレジットカード会社でも支払日前の相談は親切に対応してくれるはずです。なぜなら、繰り返しになりますが、支払期日後に支払を催促されている話ではなく、支払う意思はあるが今月の期日に確定した金額の支払いができないことを相談しているので。ただ闇雲に電話をして、全く支払いの目処が立たないような話をしても仕方ありません。クレジットカード会社と電話で話す前に、「どのくらいの金額をいつまでに払うことが可能か?」ということぐらいは情報や予定を整理しておきましょう。

支払の目処が全く立たない場合

ケースバイケースですが、クレジットカード会社に正直に話すしかないでしょう。何か解決策を提示してくれるかもしれません。しかしながら逆に(常習的に支払いを滞らせているなら)全く解決の糸口が見つからない場合もあります。債務整理をご検討なら、弁護士や司法書士にもご相談することをオススメします。

最新(更新)記事

クレジット債権管理士資格制度 - クレジットカード会社内でおすすめの資格は何ですか?と尋ねると「クレジット債権管理士資格制度」と回答される方多いです。業界へ就職や転職を検討されている方も知っておくと良いかも知れません。

三者間契約 - クレジットカード会社のどのような部署であっても、業務と金融、サービスを理解するうえで三者間契約の理解が必要です。最低限知っておかなければならない基本知識を習得しておきましょう。

クレカウンセラー(クレジット債権管理士上級資格制度) - クレカウンセラー(クレジット債権管理士上級資格制度)はクレジットカード会社の債権業務においてステイタスが高い資格です。受験できるなら、債権を管理される部署だけでなく、他の部署でも目指した方が良いでしょう。

クレジット審査業務能力検定制度 - クレジットカード業界で人気の資格、現在クレジットカード会社へ勤めている方、就職や転職を考えている方にも。クレジット審査業務能力検定制度の存在を知っておいてくださいね。

航空(エアライン)系クレジットカード - 旅行、空旅が多いなら航空(エアライン)系クレジットカードが良いと思いますが、得する条件は同じではありません。基本情報と共に、メリットや選び方の着目点について書きます。

インターナショナルクレジットカードとブランドホルダ - クレジットカード業務の基礎知識、国際ブランドとは?ブランドホルダとは?インターナショナルクレジットカードとは?会社や国外の相違により、クレジット決済が異なる仕組みの面からも必要な知識です。

クレジットのオンラインリアルタイム処理とバッチ処理 - オンラインリアルタイム処理とバッチ処理はデータ処理を大きく2つに分けた基礎知識になります。コンピュータシステムの仕組みを踏まえながら、これら2つの情報処理を理解していきましょう。

サイン(シグネチャ、署名) - クレジットカードをショッピング利用する際、思わぬトラブルに巻き込まれないために見逃しがちな注意点について。クレジット決済の観点からサイン(シグネチャ、署名)の基本的なことだけでも理解しておくことが重要です。

オンラインネットワークシステム - クレジットカードシステムでは通常、インターネットではなく専用線を使います。VISAネット、バンクネット、GPネット、JNS、JCN、CAFISなどオンラインネットワークシステムの基礎知識について。

オフライン認証 - オフラインを前提とした決済の認証システムについて。通常はオンラインが主流ですが、オフラインの場合もあります。現在は殆ど見かけませんが万一に備えてセキュリティの面からも理解しておくと良いでしょう。

分類

システムの仕組み

ショッピング、ローン、キャッシングをクレジットカードで利用する際にバックボーンとなるコンピュータシステムと仕組みについて解説。クレジットカード業界の就職、転職する基本知識としても重要です。

会社の業務

クレジットカード業界の専門用語の他、カード会社の業務に関する一般的な金融用語、社内の部門組織、クレジットカード関連の資格等について記載しています。就職、転職する場合の基礎知識としてもご利用ください。

会社のサービス

クレジットカードの発行からショッピング、ローン、キャッシング、保険に至るまで、クレジットカード利用とサービスについて解説。クレジットカード業界へ出向する場合や就職、転職する基本知識としても重要です。

発行会社と組織

クレジットカード発行会社系列と法人組織、団体について記述しています。クレジットカード・金融業界や外資系企業などで働く場合はもとより、就職・転職する場合も業界全体像を掴む上で基本的な知識になります。

種類と機能

クレジットカードの機能、サービス、特典などについて。その他クレジットカードと類似したカードについても解説します。カードの種類は会社ごとに相違がありますが、同じ会社発行でも相違があります。

注目記事

クレジットカードの支払いができないとき

オーソリゼーション(与信照会)と信用照会端末

プロフィール

サイトのアイコン

渋沢

  • 職場:金融、クレジットカード関係
  • 職種:システムエンジニア

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加