インターナショナルクレジットカードとブランドホルダ

クレジットカード業務の基礎知識、国際ブランドとは?ブランドホルダとは?インターナショナルクレジットカードとは?会社や国外の相違により、クレジット決済が異なる仕組みの面からも必要な知識です。

インターナショナル(国際)クレジットカードの意味

国内・海外で使用できるクレジットカードのことをインターナショナルカードといいます。インターナショナルカードは、国際ブランドである、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナーズクラブ)のロゴ(ブランドのマーク)が入っているクレジットカードのことを示しています。

国際ブランドの意味

国際ブランドとは、独自の海外ネットワークシステムと決算システムを持ち、海外で利用することが出来るクレジットカード、及びそのクレジットカードを発行している会社(*注あり)のことを意味します。 現在、国際ブランドは、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナーズクラブ)のことをいいます。

ここで注意することは、クレジットカードを発行している会社はクレジットカード発行会社ですが、国際ブランドとは、クレジットカード発行会社のことではなく、クレジットカードの国際的なシステムインフラを持つブランドのことです。つまり国際ブランドの主体は自らクレジットカードを発行することではなく、クレジットカードを利用するためのネットワークや環境を構築することです。

例えば、VISAやMasterCardは日本国内でクレジットカードを直接発行せずに、銀行や信販会社などのクレジットカード発行会社がVISAやMasterCardのメンバになることで、そのブランドを持つ(ブランド名が入った)クレジットカードを発行できるのです。JCBの場合も、VISAやMasterCardと同様に国際ブランドですので、JCBのブランド名が入ったクレジットカードを他社の銀行や信販会社などのクレジットカード発行会社が発行していますが、VISAやMasterCardと相違している点は、JCB全体の一部としてもクレジットカード発行会社をJCB内部に合わせ持っている点です。

ブランドホルダの意味

ブランドホルダとは、国際ブランドのクレジットカードを発行している、大元のクレジットカード会社のことを意味します。国際ブランドを所有するクレジットカード会社もクレジットカードを発行するクレジットカード発行会社ですが、国際ブランドと提携を結び、クレジットカードを発行しているクレジットカード発行会社は厳密にはブランドホルダではありません。VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメリカンエックスプレス、またはアメックス)、Diners Club(ダイナーズクラブ)の5つのブランドのことです。

なお、広い意味でブランドホルダという場合は、国際ブランドに限らず、自社ブランドを持っているクレジットカード会社のことを指し示すこともありますが、一般的ではありません。

2大国際ブランド (ビザマス)

2大国際ブランドとは、クレジットカード業界の最大手である、VISA(ビザ)とMaster Card(マスターカード)の意味です。全世界のクレジットカード会社、クレジットカード業界の中心的存在であり、業界全体の決済額の大多数を、2大国際ブランドから発行されたクレジットカードが占めています。ご参考までに、2大国際ブランドのことをビザマス(VISA と MasterCard)と愛称で呼ぶこともあります。

インターナショナルカードのメリット

インターナショナルカードの利点は、海外のショッピングはもちろんのこと、キャッシングサービスも海外で使用することができることです。インターナショナルカードの場合、裏面にCIRRUSまたはPLUSのロゴがあるはずです。このロゴがあれば、海外でキャッシングサービスを使うことが可能なのです。また日本国内はともかく、海外(特に欧米)では、クレジットカードが身分証明書の代わりになります。

例えば海外のホテルなどに滞在する時も、クレジットカードをたとえ使わないにしても、本人確認としてクレジットカードの提示を求められます。こちらも国際クレジットカードであれば問題ないはずです。

システムエンジニアの立場から観ると

クレジットカードが利用しているネットワークに着目する必要があります。例えば海外でのショッピングを例に取ると、一般的には、そのクレジットカードが海外で利用できるか否かに目が向くと思いますが、言い換えるなら、どのネットワークを通って認証判定しているのか?そして、集計された売上データがどの経路で伝達されるのか?という観点です。

最新(更新)記事

航空(エアライン)系クレジットカード - 旅行、空旅が多いなら航空(エアライン)系クレジットカードが良いと思いますが、得する条件は同じではありません。基本情報と共に、メリットや選び方の着目点について書きます。

クレジットのオンラインリアルタイム処理とバッチ処理 - オンラインリアルタイム処理とバッチ処理はデータ処理を大きく2つに分けた基礎知識になります。コンピュータシステムの仕組みを踏まえながら、これら2つの情報処理を理解していきましょう。

インターナショナルクレジットカードとブランドホルダ - クレジットカード業務の基礎知識、国際ブランドとは?ブランドホルダとは?インターナショナルクレジットカードとは?会社や国外の相違により、クレジット決済が異なる仕組みの面からも必要な知識です。

サイン(シグネチャ、署名) - クレジットカードをショッピング利用する際、思わぬトラブルに巻き込まれないために見逃しがちな注意点について。クレジット決済の観点からサイン(シグネチャ、署名)の基本的なことだけでも理解しておくことが重要です。

オンラインネットワークシステム - クレジットカードシステムでは通常、インターネットではなく専用線を使います。VISAネット、バンクネット、GPネット、JNS、JCN、CAFISなどオンラインネットワークシステムの基礎知識について。

オフライン認証 - オフラインを前提とした決済の認証システムについて。通常はオンラインが主流ですが、オフラインの場合もあります。現在は殆ど見かけませんが万一に備えてセキュリティの面からも理解しておくと良いでしょう。

CVV2とCVC2 - カード背面にあるセキュリティコード(VISAのCVV2、Master CardのCVC2)の動向やクレジット決済の注意点を書きます。またセキュリティコードと間違えやすいパスワードについても補足します。

個人情報取扱主任者認定制度 - クレジットカード会社の業務には必須で人気の資格。現在クレジットカード会社に勤務している方だけでなく、就職や転職を検討されている方も個人情報取扱主任者認定制度を知っておいてくださいね。

磁気(マグネット)ストライブ型クレジットカード - 磁気(マグネット)ストライブ型クレジットカードの機能説明、クレジット決済やショッピングする上での注意点について。IC型クレジットカードが普及していますが、現時点ではまだまだ利用されているシステムです。

個人信用情報機関とCI情報(CIデータ) - 申込、審査に必要な個人信用情報機関とCI情報(CIデータ)の関係と意味、ネガティブ・ポジティブ情報について。個人信用情報機関とCI情報は業務としてもクレジットカードを利用する意味でも重要な知識になります。

分類

システムの仕組み

ショッピング、ローン、キャッシングをクレジットカードで利用する際にバックボーンとなるコンピュータシステムと仕組みについて解説。クレジットカード業界の就職、転職する基本知識としても重要です。

会社の業務

クレジットカード業界の専門用語の他、カード会社の業務に関する一般的な金融用語、社内の部門組織、クレジットカード関連の資格等について記載しています。就職、転職する場合の基礎知識としてもご利用ください。

会社のサービス

クレジットカードの発行からショッピング、ローン、キャッシング、保険に至るまで、クレジットカード利用とサービスについて解説。クレジットカード業界へ出向する場合や就職、転職する基本知識としても重要です。

発行会社と組織

クレジットカード発行会社系列と法人組織、団体について記述しています。クレジットカード・金融業界や外資系企業などで働く場合はもとより、就職・転職する場合も業界全体像を掴む上で基本的な知識になります。

種類と機能

クレジットカードの機能、サービス、特典などについて。その他クレジットカードと類似したカードについても解説します。カードの種類は会社ごとに相違がありますが、同じ会社発行でも相違があります。

注目記事

クレジットカードの支払いができないとき

オーソリゼーション(与信照会)と信用照会端末

プロフィール

サイトのアイコン

渋沢

  • 職場:金融、クレジットカード関係
  • 職種:システムエンジニア

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加