カードレスカード(バーチャルカード)

カードレスカード(バーチャルカード)とは?カード発行会社側、カードを利用する側のメリットとデメリットとは?カードを持つ必要性はあるか?スマホやガラケーなどモバイル端末で利用する意味ではないことに注意。

カードレスカードとバーチャルカードの違い

カードレスカードは別名バーチャルカードとも呼ばれますが、双方とも同じ意味で使われています。カード発行会社や時代背景などによって主流となる呼び名は異なりますが、ここではカードレスカードという名前で統一して書きます。

カードレスカードの種類

カードレスカードには大きく分けて2種類あります

  • カードレスのクレジットカード
  • カードレスのデビットカード

後者はデビットカードをインターネットで利用する際に利用するものです。
(参照:デビットカード
ここでは主に前者のクレジットカードのカードレスカードについて書きます。

カードレスカードとは

クレジットカードそのものの情報(カード番号、有効期限、その他セキュリティコードなど)は発行されますが、プラスチック(プラスチック以外の素材でできたカードもある)でできた物理的なカードは発行されない(あえて作らない)クレジットカードのことです。

モバイル(スマホやガラケーなどの携帯端末)をデビットカードやクレジットカードの代わりとして利用することとではありませんので、注意してください。

カード発行会社側のメリットとデメリット

カードを発行するために掛かる費用を削減できることがメリットです。具体的な費用については公開できませんが、カードの材料となるプラスチックなどの原価だけがコストではありません。

デメリットとしては、すべての人に普及させたくても、普及させることができないことです。コスト削減に繋がることが分かっていたとしても、利用面から全員をカードレスにするわけにはいきません。なぜなら、明らかに大口または頻度の高い取引(カードを提示する通常のショッピング以外で常時利用する可能性があるケース。例えば法人カードや企業間取引、企業と個人の継続的な取引、ローン目的など)が見込めなければ、逆にカード利用頻度が減ってしまう(最悪の場合は睡眠会員を増やしてしまう可能性がある)ためです。
(参照:睡眠会員とスリーピングカード

カードを利用する側(カード会員側)のメリットとデメリット

メリットとしては、カードを紛失するまたは盗難されることで生じる不正利用の可能性が無くなるです。名前やクレジットカード番号などの情報を、インターネットまたは電話などの口頭で伝えるだけで利用できます。

デメリットとしては、クレジットカードを提示することを前提とした利用ができないことです。店頭などの通常のショッピングではカードを提示することが前提ですし、またATMでもカードそのものがないと利用できません。

カードレスカードは必要か?

さまざまなテクノロジの進化と共に、将来的にはカードレス化が進むかもしれませんが、現時点では、一般的なカード利用であれば必要はないと思います。しかしながらクレジットカードを介した大口の取引や頻繁に同じ取引する場合、または社内で法人カードを普及させる際には、経理上のメリットがありますので検討してみても良いと思います。

関連記事

デビットカード - クレジットカードを持っている場合、デビットカードも持つべきか?デビットカードとクレジットカードとの相違点とは?国際ブランドとしても有名なブランドデビットカードについても。

睡眠会員とスリーピングカード - 時代の流れや競合他社との関係から生じる睡眠会員、スリーピングカードについて。メリットや優位性の面よりも大きい視点から観ることが利用促進に大切なのかもしれません。

生カード、エンコード、エンボス処理、ホログラム - クレジットカードの製造過程に近い話になりますが生カード、エンコード、エンボス処理、ホログラムについて。クレジット決済、仕組み、ビジネス金融を理解する上でも必要な知識になります。

クレジットカードの支払いができないとき - 逃げても避けても解決の糸口は見つからない。たとえ期日までに支払いができなくても、失ってはならない大切なことは信頼関係。クレジットカードの支払いができなくなったときの対処方法について。

日本国外とのデータ伝送の注意点 - 日本国内だけでなく国外と双方にデータ伝送する際、日本国内の認識がそのまま世界の国々と同じ認識とは限らない。コンピュータシステムデータ上の基本的な注意点について。

セブンイレブンでクレジットカードが使える - 2010年6月1日からクレジットカードが使えるようになったセブンイレブン。2010年9月13日午前7時以降、ほぼすべてのクレジットカードが使えるように拡大されました。

2010年6月からの総量規制 - キャッシング借入額の上限を年収の3分の1として定められた総量規制について。ショッピング(含ローン)と銀行は対象外です。年収を証明する書類を提出の有無とその他注意点について。

クレジットカード紛失・盗難時の対処法 - クレジットカードの紛失時や盗難時など、万一の場合に備えた対処法と対応策をステップでご紹介します。なお基本的な部分に説明を集中したいので、日本国内でのトラブルを前提とした内容になります。

ギフトカード - 加盟店であれば世界共通でクレジットカードと同じように使えるプラスティックカード。日本国内のギフト券とは違います。プレゼントなどに利用することが多いですが、一部利用できないケースもあります。

消費者金融系クレジットカード - フリーローン、不動産担保ローン、無利息ローンなどライフスタイルに合わせて利用可能なクレジットカードです。消費者金融のカードにクレジット機能がついただけというわけではありません。

分類

システムの仕組み

ショッピング、ローン、キャッシングをクレジットカードで利用する際にバックボーンとなるコンピュータシステムと仕組みについて解説。クレジットカード業界の就職、転職する基本知識としても重要です。

会社の業務

クレジットカード業界の専門用語の他、カード会社の業務に関する一般的な金融用語、社内の部門組織、クレジットカード関連の資格等について記載しています。就職、転職する場合の基礎知識としてもご利用ください。

会社のサービス

クレジットカードの発行からショッピング、ローン、キャッシング、保険に至るまで、クレジットカード利用とサービスについて解説。クレジットカード業界へ出向する場合や就職、転職する基本知識としても重要です。

発行会社と組織

クレジットカード発行会社系列と法人組織、団体について記述しています。クレジットカード・金融業界や外資系企業などで働く場合はもとより、就職・転職する場合も業界全体像を掴む上で基本的な知識になります。

種類と機能

クレジットカードの機能、サービス、特典などについて。その他クレジットカードと類似したカードについても解説します。カードの種類は会社ごとに相違がありますが、同じ会社発行でも相違があります。

注目記事

クレジットカードの支払いができないとき

プロフィール

渋沢

  • 職場:金融、クレジットカード関係
  • 職種:システムエンジニア

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加