磁気(マグネット)ストライブ型クレジットカード

磁気(マグネット)ストライブ型クレジットカードの機能説明、クレジット決済やショッピングする上での注意点について。IC型クレジットカードが普及していますが、現時点ではまだまだ利用されているシステムです。

磁気(マグネット)ストライブの意味

クレジットカードに埋め込んである細長い磁気テープのことを磁気ストライプ(マグネットストライブ)といいます。クレジットカードの磁気テープ部分にカード会社名、カード会員番号、クレジットラインなどが記憶(エンコード)されています。

従来の磁気ストライプ(マグネットストライブ)型クレジットカードでは、市場に出回っているカードリーダなどを使い、スキミング、偽造が可能なため、安全性の高いICチップ型のICカードへ切り替わってきています。

なお、マグネットストライブ型だからといって、必ずしもスキミング、偽造されるわけではありませんし、ICチップ型が偽造されないという意味ではないです。マグネットストライブ型とICチップ型の安全性の高さを比較しているだけです。双方共に年々、セキュリティ精度が上がっています。

カードリーダとは?

カードリーダとは、ショッピングやキャッシングなどで、クレジットカードを使用する際、クレジットカードに埋め込まれた情報を読み込む部分の機器(またはパーツ)のことです。従来のストライプ型クレジットカードはスリットでクレジットカードの情報を読み込みます。

スリットとは?

クレジットカードをカードリーダに挟み、擦ることをスリットといいます。スリットは、クレジットカードでショッピングをするときにレジー(またはレジーの脇にある)カードリーダでクレジットカードを読み取る行為のことです。

補足:日本と海外のカードリーダの違い

磁気ストライブ型クレジットカードを海外で使う際、全くカードリーダに読み込まれなくなることがあります。この理由はカードリーダの機能が日本と海外で相違していることが原因です。(最近は、あまり発生しませんが)

読み込みエラーとなる原因は、日本のカードリーダは表と裏双方のマグネットから読み取れるようになっているのですが、海外のカードリーダは片面だけになっているので、エラーとして表示されているのです。

本来、国際カードや、国際カードのロゴが表に表示されているクレジットカードであれば、日本で発行されたかどうかに関係なく、またどの会社のクレジットカードであっても、海外で利用することができます。もちろんお店が当該クレジットカードに対応していることが前提ですが、万一このような状況に陥った時は、クレジットカードの片面に名刺を重ね合わせて再度スリットするようにお願いしてみてください。

最新(更新)記事

航空(エアライン)系クレジットカード - 旅行、空旅が多いなら航空(エアライン)系クレジットカードが良いと思いますが、得する条件は同じではありません。基本情報と共に、メリットや選び方の着目点について書きます。

クレジットのオンラインリアルタイム処理とバッチ処理 - オンラインリアルタイム処理とバッチ処理はデータ処理を大きく2つに分けた基礎知識になります。コンピュータシステムの仕組みを踏まえながら、これら2つの情報処理を理解していきましょう。

インターナショナルクレジットカードとブランドホルダ - クレジットカード業務の基礎知識、国際ブランドとは?ブランドホルダとは?インターナショナルクレジットカードとは?会社や国外の相違により、クレジット決済が異なる仕組みの面からも必要な知識です。

サイン(シグネチャ、署名) - クレジットカードをショッピング利用する際、思わぬトラブルに巻き込まれないために見逃しがちな注意点について。クレジット決済の観点からサイン(シグネチャ、署名)の基本的なことだけでも理解しておくことが重要です。

オンラインネットワークシステム - クレジットカードシステムでは通常、インターネットではなく専用線を使います。VISAネット、バンクネット、GPネット、JNS、JCN、CAFISなどオンラインネットワークシステムの基礎知識について。

オフライン認証 - オフラインを前提とした決済の認証システムについて。通常はオンラインが主流ですが、オフラインの場合もあります。現在は殆ど見かけませんが万一に備えてセキュリティの面からも理解しておくと良いでしょう。

CVV2とCVC2 - カード背面にあるセキュリティコード(VISAのCVV2、Master CardのCVC2)の動向やクレジット決済の注意点を書きます。またセキュリティコードと間違えやすいパスワードについても補足します。

個人情報取扱主任者認定制度 - クレジットカード会社の業務には必須で人気の資格。現在クレジットカード会社に勤務している方だけでなく、就職や転職を検討されている方も個人情報取扱主任者認定制度を知っておいてくださいね。

磁気(マグネット)ストライブ型クレジットカード - 磁気(マグネット)ストライブ型クレジットカードの機能説明、クレジット決済やショッピングする上での注意点について。IC型クレジットカードが普及していますが、現時点ではまだまだ利用されているシステムです。

個人信用情報機関とCI情報(CIデータ) - 申込、審査に必要な個人信用情報機関とCI情報(CIデータ)の関係と意味、ネガティブ・ポジティブ情報について。個人信用情報機関とCI情報は業務としてもクレジットカードを利用する意味でも重要な知識になります。

分類

システムの仕組み

ショッピング、ローン、キャッシングをクレジットカードで利用する際にバックボーンとなるコンピュータシステムと仕組みについて解説。クレジットカード業界の就職、転職する基本知識としても重要です。

会社の業務

クレジットカード業界の専門用語の他、カード会社の業務に関する一般的な金融用語、社内の部門組織、クレジットカード関連の資格等について記載しています。就職、転職する場合の基礎知識としてもご利用ください。

会社のサービス

クレジットカードの発行からショッピング、ローン、キャッシング、保険に至るまで、クレジットカード利用とサービスについて解説。クレジットカード業界へ出向する場合や就職、転職する基本知識としても重要です。

発行会社と組織

クレジットカード発行会社系列と法人組織、団体について記述しています。クレジットカード・金融業界や外資系企業などで働く場合はもとより、就職・転職する場合も業界全体像を掴む上で基本的な知識になります。

種類と機能

クレジットカードの機能、サービス、特典などについて。その他クレジットカードと類似したカードについても解説します。カードの種類は会社ごとに相違がありますが、同じ会社発行でも相違があります。

注目記事

クレジットカードの支払いができないとき

オーソリゼーション(与信照会)と信用照会端末

プロフィール

サイトのアイコン

渋沢

  • 職場:金融、クレジットカード関係
  • 職種:システムエンジニア

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加