銀行系クレジットカード

カード発行会社の分類から、クレジットカードの中心的な存在である銀行系クレジットカードについて書きます。無料サービスや無料年会費、クレジットカード発行会社を選び、比較検討する上での基本情報としてお使いください。

銀行系クレジットカードの意味

銀行系クレジットカードとは、JCBカード、UFJカード、DCカード、Diners Clubカード、American Expressカード、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)などのクレジットカードのことです。

分類として明確に定義されているものではありませんが、簡単に言いますと、国際ブランドまたは銀行の系列会社が発行するクレジットカードのことです。

一般的に銀行系とは何を意味するのか?

銀行系とはクレジットカード会社の属性を意味しますが、何を持って銀行系とするのか?という定義は曖昧です。そのうえ銀行系クレジットカードという言い方そのものは、日本国内ではよく聞くものの、海外ではあまり耳にしません。

銀行系クレジットカードの本来の意味は、日本国内でクレジットカードが生まれた時代に、銀行が直接クレジットカードを発行することができなかったため、銀行の系列会社(銀行だけではなく、銀行以外の数社が、共同出資したケースが多い)として始まったことに由来します。
(日本で唯一の国際ブランドであるJCBが銀行系と呼ばれる所以です)

その後、相次ぐ銀行の合併と銀行の系列会社がクレジットカード発行会社(イシュア)として国際ブランドのクレジットカードを発行するという意味も加わり、銀行系という意味が曖昧且つ複雑になっているのです。

国際ブランドの提携先(銀行)ではなく、国際ブランド本体が発行しているクレジットカードは、国際ブランドそのものが銀行ではありませんが、日本国内で取得できるか否かに関わらず、便宜上、銀行系クレジットカードに分類される(一般に認識されている)ことが多いようです。

ノンバンクなのに銀行系?

上記の説明で外観は理解できたと思うのですが、念のために細かなことを言いますと、そもそもクレジットカードそのものはノンバンクに属するので、厳密には銀行ではないですが、発行されたクレジットカードに銀行名の一部が入っていることで、銀行系クレジットカードは銀行が発行するものだと錯覚するわけです。

これらを明確にするのは、分類にフォーカスするのではなく、現実的なサービス面から判断していくのが良いと考えます。なぜなら、クレジットカードを利用するわれわれにとって、分類よりもサービス内容のほうが重要だからです。

例えばローンを組む場合、クレジットカードローンと銀行のローンとは違うので、同じ銀行が発行するカードであっても、ローンの対象やサービス、および査定が異なるケースが多いです。ある意味、銀行系という言葉そのものが銀行と同一であるという誤解を生じやすいと感じていますが、(であれば、銀行系クレジットカードについて書かなければ良いのでは?と思うかもしれませんが)カード発行会社の分類上の話から、この点を勘違いされる方が多いので、私はあえてこの分野の記事を書いていますので、ご理解いただけると幸いです。

銀行系クレジットカードのメリット

銀行のキャッシュカードと連携している場合、カードの枚数が減りますので財布の中だけでなく管理もスッキリします。また独自の情報を所有していることが有名で、これにより、ショッピングなどの利用をしたことが良い実績になります。

金融機関によってサービスは異なりますが、例えば、銀行への住宅ローンや教育ローンなどの融資を申請する時に金利引下げや審査などで有利になったり、預金の金利などで優遇されたりするなどのサービスを実施することがあります。

最新(更新)記事

法人クレジットカード(コーポレートカード) - 法人クレジットカード(コーポレートカード)を持つメリットとして、会社の経理処理があげられます。その他、ショッピングやローン・キャッシングも利用することができるか?クレジット決済の違いはあるのか?についても書きます。

石油(オイル)系クレジットカード - ガゾリンスタンドで給油など車を利用する方向けのクレジットカードですが、得する条件は同じではありません。石油(オイル)系クレジットカードの基本情報と共に、メリットや選び方の着目点について書きます。

IC型クレジットカード - 従来のクレジットカード同様にショッピングだけでなく、キャッシングやローンとしても使うことができます。IC型クレジットカードと従来の磁気ストライブ型クレジットカードとの違い、利点、種類と特徴について書きます。

キャッシングとローン - キャッシングサービスとローンは融資額や利息、支払い回数に違いがあり、本来全く違うサービスです。クレジットカードのサービスのひとつとしてだけでなく専用カードも存在します。

貸金業規制法、貸金業協会、貸金業者 - キャッシング、ローン、ショッピングする場合、利用者であるあなたに必要な金融関連の基礎知識になります。またクレジット業務、金融業界のビジネス、会社へ転職、就職される際にも必要になるので理解しておきましょう。

インターチェンジフィ - インターチェンジフィとは手数料のこと。イシュア、アクワイアラ、オンアス取引と共に理解することをお勧めします。クレジットカード利用者の手数料ではないことに注意してください。

カードレスカード(バーチャルカード) - カードレスカード(バーチャルカード)とは?カード発行会社側、カードを利用する側のメリットとデメリットとは?カードを持つ必要性はあるか?スマホやガラケーなどモバイル端末で利用する意味ではないことに注意。

クレジットカードの支払いと返済方法 - ショッピング、キャッシング、ローンなどのクレジットカード利用分を賢く支払う方法は賢い借金返済方法に繋がります。なぜならサービスの利用と共に信用に基づく負債とも考えられるからです。

国際(海外)キャッシュカードサービス(PLUS CIRRUS) - 海外で現地通貨が必要になったときにクレジットカードで海外キャッシングは便利ですが、すべてが可能とは限りません。国際(海外)キャッシュカードサービス、PLUS、CIRRUSについて。

Connect:Direct(コネクトダイレクト) - Connect:Direct(コネクトダイレクト))の概要と特徴、注意点とは?コネクトダイレクトはクレジットカード業界に限らず、海外のコンピュータシステムで使われているファイル伝送のソフトウエアです。

分類

システムの仕組み

ショッピング、ローン、キャッシングをクレジットカードで利用する際にバックボーンとなるコンピュータシステムと仕組みについて解説。クレジットカード業界の就職、転職する基本知識としても重要です。

会社の業務

クレジットカード業界の専門用語の他、カード会社の業務に関する一般的な金融用語、社内の部門組織、クレジットカード関連の資格等について記載しています。就職、転職する場合の基礎知識としてもご利用ください。

会社のサービス

クレジットカードの発行からショッピング、ローン、キャッシング、保険に至るまで、クレジットカード利用とサービスについて解説。クレジットカード業界へ出向する場合や就職、転職する基本知識としても重要です。

発行会社と組織

クレジットカード発行会社系列と法人組織、団体について記述しています。クレジットカード・金融業界や外資系企業などで働く場合はもとより、就職・転職する場合も業界全体像を掴む上で基本的な知識になります。

種類と機能

クレジットカードの機能、サービス、特典などについて。その他クレジットカードと類似したカードについても解説します。カードの種類は会社ごとに相違がありますが、同じ会社発行でも相違があります。

注目記事

クレジットカードの支払いができないとき

オーソリゼーション(与信照会)と信用照会端末

プロフィール

サイトのアイコン

渋沢

  • 職場:金融、クレジットカード関係
  • 職種:システムエンジニア

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加