インターチェンジフィ

インターチェンジフィとは手数料のこと。イシュア、アクワイアラ、オンアス取引と共に理解することをお勧めします。クレジットカード利用者の手数料ではないことに注意してください。

インターチェンジフィの意味

インターチェンジフィとは、イシュアがアクワイアラから受け取る、クレジットカードの手数料のことをいいます。国際ブランド(ブランドホルダ ※1参照)の場合は、アクワイアラと共に、イシュアからもインターチェンジフィが発生します。異なる国際ブランド同士でもインターチェンジフィが発生する場合があります。

インターチェンジフィはクレジットカード会社ごとの契約やシステムによって相違します。具体的な金額(及び数値やパーセンテージなど)を公表することは出来ませんが、主に以下の2つのケースが多いです。

  • ひとつの処理(1トランザクションあたり ※2参照)で計算する場合
  • 締め日ごとの売上金額、または請求金額に応じて発生する場合

ここで注意することは、1トランザクションがクレジットカードを利用した購入手続きとは限らない点です。例えば、商品やサービスをクレジットカードで購入した後に、お客様が、何らかの理由で購入をキャンセルした場合、2回のトランザクションが発生します。また購入済みの商品やサービスの金額が間違っていて、修正する場合も2回(途中にキャンセルを挟んだ場合は3回)のトランザクションが発生します。

このように同じクレジットカードによる同じ商品取引で複数回のトランザクションが生じることがありますが、先に書きましたとおり、クレジットカード会社ごとの契約やシステムによって相違しますので、実際のトランザクションが複数回でも、複数回ではなく、『特別な処理として1回』とカウントするケースもあります。

オンアス取引

オンアス取引とは、アクワイアラ(加盟店契約会社)とイシュア(クレジットカード発行会社)が同じ会社系列である場合のクレジットカード決済取引業務のことです。

アクワイアラとイシュアについて簡単に説明しますと、アクワイアラは、クレジットカードを使えるお店を統括している加盟店契約会社のことで、イシュアは、クレジットカードを発行している会社(クレジットカード発行会社)のことです。

イシュアとアクワイアラが同一の時はオンアス取引となるケースが多いので、業務形態によっては、オンアス取引と共にインターチェンジフィを理解しておいたほうが分かりやすいかもしれません。

補足:国際ブランド(ブランドホルダ)

国際ブランドは、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナーズクラブ)のことで、独自の海外ネットワークシステムと決算システムを持ち、海外で利用することが出来るクレジットカード、及びそのクレジットカードを発行している会社のことです。

詳細は、インターナショナルクレジットカードとブランドホルダを参照

補足:トランザクション

オンラインで結ばれている金融機関のコンピュータに入力される取引データや処理結果データ、入出金データなどのことをトランザクションといいます。

クレジットカード払い手数料とは違う

たまに勘違いされる方がいらっしゃいますので、補足しておきますね。インターチェンジフィはクレジットカードを利用することで発生しますが、クレジットカード利用者(クレジットカードを使って購入する側)に請求が来るものではありません。簡単に言いますと、クレジットカードを利用して販売している側に掛かる手数料です。

関連記事

日本国外とのデータ伝送の注意点 - 日本国内だけでなく国外と双方にデータ伝送する際、日本国内の認識がそのまま世界の国々と同じ認識とは限らない。コンピュータシステムデータ上の基本的な注意点について。

オフライン認証 - オフラインを前提とした決済の認証システムについて。通常はオンラインが主流ですが、オフラインの場合もあります。現在は殆ど見かけませんが万一に備えてセキュリティの面からも理解しておくと良いでしょう。

オンラインネットワークシステム - クレジットカードシステムでは通常、インターネットではなく専用線を使います。VISAネット、バンクネット、GPネット、JNS、JCN、CAFISなどオンラインネットワークシステムの基礎知識について。

インターナショナルクレジットカードとブランドホルダ - クレジットカード業務の基礎知識、国際ブランドとは?ブランドホルダとは?インターナショナルクレジットカードとは?会社や国外の相違により、クレジット決済が異なる仕組みの面からも必要な知識です。

生体認証(バイオメトリクス) - 指紋、眼(虹彩)、声(声紋)、顔による生体認証(バイオメトリクス)は日々システムが進化しています。今後の金融系のシステムでは必須技術あり、金融系ビジネスを中心にさまざまな形態で普及していくことでしょう。

プライバシーマーク - 個人情報保護に関する必須の認証制度であるプライバシーマークについて。認定の取得は容易なのか?最近はビジネスや金融に限らず、多くのウェブサイト上にP(プライバシー)マークを見かけるようになりましたね。

三者間契約 - クレジットカード会社のどのような部署であっても、業務と金融、サービスを理解するうえで三者間契約の理解が必要です。最低限知っておかなければならない基本知識を習得しておきましょう。

イシュア - クレジットカード請求から情報やお金の流れを辿ることで、クレジットカード会社業務への理解が深まります。アクワイアラ(加盟店契約会社)とデータの流れが逆向き関係にあるのがイシュア(クレジットカード発行会社)です。

アクワイアラ - クレジット決済から情報やお金の流れまで辿ることで、クレジットカード会社業務への理解が深まります。イシュア(クレジットカード発行会社)とデータの流れが逆向き関係にあるのがアクワイアラ(加盟店契約会社)です。

IC型クレジットカード - 従来のクレジットカード同様にショッピングだけでなく、キャッシングやローンとしても使うことができます。IC型クレジットカードと従来の磁気ストライブ型クレジットカードとの違い、利点、種類と特徴について書きます。

分類

システムの仕組み

ショッピング、ローン、キャッシングをクレジットカードで利用する際にバックボーンとなるコンピュータシステムと仕組みについて解説。クレジットカード業界の就職、転職する基本知識としても重要です。

会社の業務

クレジットカード業界の専門用語の他、カード会社の業務に関する一般的な金融用語、社内の部門組織、クレジットカード関連の資格等について記載しています。就職、転職する場合の基礎知識としてもご利用ください。

会社のサービス

クレジットカードの発行からショッピング、ローン、キャッシング、保険に至るまで、クレジットカード利用とサービスについて解説。クレジットカード業界へ出向する場合や就職、転職する基本知識としても重要です。

発行会社と組織

クレジットカード発行会社系列と法人組織、団体について記述しています。クレジットカード・金融業界や外資系企業などで働く場合はもとより、就職・転職する場合も業界全体像を掴む上で基本的な知識になります。

種類と機能

クレジットカードの機能、サービス、特典などについて。その他クレジットカードと類似したカードについても解説します。カードの種類は会社ごとに相違がありますが、同じ会社発行でも相違があります。

注目記事

クレジットカードの支払いができないとき

プロフィール

渋沢

  • 職場:金融、クレジットカード関係
  • 職種:システムエンジニア

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加